小児はりの症状一覧

●チック
こども達によりますが、鍼を刺しています。
小児はりでは、長い付き合いになります。
焦らず、定期的に確実に緩めていくことをおすすめします。

●風邪
心配なおかあさんは、まず小児科に行ってください。
当院と長くお付き合いしているおかあさんほど、風邪の時は小児はりと思ってくれています。

●頭痛
頭痛は、小児はりで治せます。
痛みを早く取り除きましょう。
頭痛があるこども達は、小児はりをうけてみてください。

●肌トラブル
長い期間はかかりますが、しっかり芯を持って小児はりをすると、効果はでます。
治っているこども達のおかあさんは、考え続けています。
治らなかったこども達のおかあさんは、考えがバラバラです。
肌トラブル、小児はりで治していきましょう。

●便秘
食事に気をつけたり、便秘薬を頼ったり、まずは出すことが大切です。
こども達に痛くなく、便が出るコトを経験させます。
お灸でお腹を温め、小児はりで自律神経を整えます。
こども達それぞれのリズムで便が出るようになればもう安心です。

●神経質
胃のむかつき・頭痛・腹痛などが症状としてでます。
背中とお腹を温め、首と肩を小児はりで緩めます。
小さいうちは小児はりに頼り、成長しながら強くなっていきます。

※体調管理や疲れなど、その他多くの症状を治療しています。